忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時間がある事もありこのごろ新聞を考えながら読むようになった。いろいろな記事を疑問の目で見ていくとわからないことが多いことに気がつく。セブンイレブンの賞味期限の値引き制限の廃棄の規制についての独占禁止法違反の記事を見ていて1店舗あたりの廃棄金額(年間530万円)が書かれていた。これは原価ベ-スの金額で損害を店側が負担することは不当だとの決定だとは理解できた。当初は、売上げベ-スなのか原価ベ-スなのかがよくわからなかった。原価ベ-スでこの金額なら売上げベ-スの廃棄金額はどのくらいになるのかなと想像した。数字の見方はもよく考えながら理解しないといけないと考えている。
同じように、死刑制度についての記事を読んだ。EUが死刑制度の廃止がEUに参加する条件になっていることには驚いた。日本での日常性と死刑がある事実についてあまり考えたことがなかったがEUが条件としている根拠を知りたいと思った。当たり前のことだが日本の常識は世界の常識ではないとよく考える必要があると思った。冤罪が話題になっている昨今、深く考えるテ-マであると感じた。
同時に、裁判官の常識について考えさせられた。裁判官は、検察と弁護士双方から出された証拠に基づき判断するとの事だ。出された証拠に基づき法律や判例により判決を下す。証拠の信憑性を高めていく努力はどこが担っているのだろうか。正しい判断をすることが問われている裁判官は、当然、証拠の信頼性を高めていくことに敏感になる感性と絶えまぬ努力をする義務を感じる。足利事件での記事で感じたこと。
最後に、天安門事件の当事者の話の記事を読んだ。特に、考えさせられたのは、アメリカに亡命しアメリカ国籍をとりアメリカの軍隊に入隊した人の話に考えさせられた。
中国人民軍は、人民の軍隊であり人民に発砲することなどありえないと信じていた。だが、現実は、発砲した。多くの犠牲者が出た。当初、何故、彼らが、発砲したのか理解できなかったと話していた。アメリカの軍隊に入り理解した。何の情報も与えられず目の前の人が敵だと教えられ続ければ人は簡単に発砲することを体験したとの事だ。人とは、情報が入らないと簡単に洗脳させられるのだなと今思っている。他人事ではない。
PR
先週、スペインから航空郵便が届きました。今年の秋にスペインのアンダルシア地方を旅行することにしパラド-ル(国営ホテル)を予約しました。グラダナ、コルドバ、セビリア、白い村や太陽海岸そしてモロッコにも足を伸ばすつもりです。その間、3つのパラド-ルに宿泊する予定です。インタ-ネットで予約しました。
その際、パラド-ルの会員になりました。そのカ-ドが送付されてきたのです。おしゃれな段ボ-ルの黄色い箱にAMIGOS IN PARADORES と書かれたカ-ドと小冊子が入っていました。あわせて18ユ-ロのチケットが同封されていました。ピカソやミロをはぐくんだ明るい陽光のような色をした箱とカ-ドのデザインはさすがにスペインと感じさせるものです。少し楽しくなりました。
日本も楽しい企画をしてもらいたいものですね。
8c94524a.jpgリビングの「書」を変えることにしました。従来は20年前に今の住まいに来た当初から、親しくしていただいた方が書かれた「韻」という字が書かれたパネルをかけていました。韻は、響きあうとの意味そのままで、私の家の空間にここちよいハ-モニ-を奏でてくれていました。
昨年、その方たちの書展を見る機会があり、韻を書かれ方の書を見る機会がありました。
やはり、勢いのある字を書かれておられましたし、20年間の時代の積み重ねを感じました。

思い切って、違う字を書いていただきたくなり、あれこれ迷いましたが「遊」という字を選びました。
一昨日、我が家にそのパネルが届きました。どきどきしながら壁面にかけました。シンプルで力強い線、空間が大きく広がりました。これからは、心地よく遊ぶ気持ちになりました。

 

最近、時間があるせいもあり、新聞記事を読みながら言葉の意味を考えることが多くなった。CFPの勉強のせいもあり経済の言葉は、その場で電子辞典を引くことが習慣になってきました。
記事の中で、考えさせられる文章も数多くあります。今日(2009.02..20)の記事で考えさせられた言葉は、「金融とは人が人を信用する営み」(朝日新聞・聞く・同志社大教授 浜田矩子さん)です。
人が金融の概念をもった最初の取引を考えた時、その前提は信用をベ-スに始めて成り立ちました。その取引から、いろいろな形態が生まれましたが、すべて信用を前提にしています。金融の原点を端的に言い表した言葉だと思いました。
「人間不在の経済学」(同)という言葉にも同様の思いを持ちました。
社会科学とは、日々の人間の営みを追求し、その法則性を見出し、語る学問です。
ところが、いつの間にか、その原点が置き忘れられコンピュ-タ-を駆使した技術が論議される方法論に変化しています。その結果、今回のような世界的な不況(恐慌といえる)になったと判断できます。
物事の本質をきちんと捉え判断を下す重要性を考えさせられる言葉と思いました。
 
昨年の10月にオバマのホ-ムペ-ジにメ-ルアドレスを登録しました。ほぼ毎日オバマからメールが届きました。ホ-ムペ-ジは、その時々のオバマの演説がYouTubeで聴けるペ-ジやオバマグッツが買えるページ(しっかり寄付金をチェックする欄がある)などがありそれなりにアメリカ大統領選を楽しみました。見られた方も多いと思いますが!
その時々に、特別な企画がありました。このTシャツを買うとシカゴで行われる大統領選の会場のいい席に何組かを招待するとの企画もありました。
そのなかで、大統領選挙に当選した日(11月4日)のホ-ムペ-ジに「記念のTシャツを買わないか」との企画がありました。是非、買ってみたいと思いました。
しかし、残念なことには、アメリカ国籍の人しか買えないように、チェックランがあり私の場合は、このホ-ムぺージからクレジット払いで直接手に入れることが出来ません。
大げさな言い方ですが、アメリカのこととはいえ、黒人の大統領が誕生する歴史的な時間を共有することは、この日この時に生きているものが味わえる特権です。
なんとしても、手に入れようと手だてを考えました。
その結果、1月29日に私の手元に届きました。Yes, we can.

5fc23364.jpeg5d6f994c.jpeg









    






1 2 3 4
> カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> フリーエリア
> 最新コメント
[05/15 backlink service]
[10/08 桜パパの≡⊂⌒⊃≡Slowlife]
[01/14 石井英樹]
> 最新トラックバック
> プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
> バーコード
> ブログ内検索
> P R